映画 映画 映画

DVDの新作 旧作 洋画 邦画 鑑賞日記 レンタルレビュー 監督俳優作品紹介TV放送情報

は~るよ来い!はや~く来い!

映画は全部好き!
TVもビデオもネットでも
もちろん劇場で見るのが一番好き!

movies

Author:movies
FC2ブログへようこそ!



↑月に土地が買えちゃいます....(笑)

最近の記事

カテゴリー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他にもいろいろ映画関係のblogあります
人気blogランキングへ|にほんブログ村 映画ブログ
【Yahoo!ショッピング】新作のDVDやいま話題のDVDが21%OFFから!

映画 映画 映画 トップページへ
--/--/-- --:--|スポンサー広告
クリント・イーストウッド Clint Eastwood 1930年5月31日 -
アメリカ合衆国のカリフォルニア州、サンフランシスコ生まれ
映画俳優・監督。

1992年『許されざる者』でアカデミー作品賞とアカデミー監督賞を受賞。
2004年『ミリオンダラー・ベイビー』で2度目のアカデミー監督賞.

老いてなお勢力的な活動をするクリント・イーストウッド、若かりし頃ハリウッドでは仕事が無くイタリアでマカロニ・ウェスタンの先駆けを演じたクリント・イーストウッド、正義のヒーローのイメージが強いダーティハリーなクリント・イーストウッド、監督・俳優業以外にも彼の才能は多彩で、『ミスティック・リバー』、『ミリオンダラー・ベイビー』では、音楽担当のクレジットにもクリント・イーストウッドの名前があります。



近年では製作 監督 音楽 俳優にと活躍の場所をさらにひろげています、これほど映画に同時に関わる方はチャールズチャップリン以来ではないでしょうか 昨今のクリント・イーストウッドを見ていますと、ダーティーハリーとは全く別の勇気がわいてきます、老いてもかっこいいクリント・イーストウッドはやっぱいつの時代もヒーローです。



1986年から約2年間、カリフォルニア州カーメル(en:Carmel-by-the-Sea)の市長も務めました。
1997年には「テハマ」という名のファッションブランドを共同経営者として立ち上げてもいます。(「テハマ」はネイティブインディアンの言語で「大自然」という意味。)また彼が所有するゴルフコースの名前でもあります。



クリント・イーストウッド 主な出演、監督、製作作品

荒野の用心棒 Per Un Pugno Di Dollari』(1964年)監督:セルジオ・レオーネ
夕陽のガンマン Per Qualche Dollaro In Piu』(1965年) 監督:セルジオ・レオーネ
続・夕陽のガンマン/地獄の決斗 Il Buono,Il Brutto,Il Cattiivo』(1966年) 監督:セルジオ・レオーネ
奴らを高く吊せ! Hang 'em High』(1968年)
マンハッタン無宿 Coogan's Bluff』(1968年)
荒鷲の要塞 Where Eagles Dare』(1968年)
『ペンチャーワゴン Paint Your Wagon』(1969年)
真昼の死闘 Two Mules For Sister Sara』(1970年)監督:ドン・シーゲル
戦略大作戦 Kelly's Heroes』(1970年)
『白い肌の異常な夜 The Beguiled』(1971年)
恐怖のメロディ Play Misty For Me』(兼監督)(1971年)
ダーティハリー Dirty Harry』(1971年)
シノーラ Joe Kidd』(1972年)
荒野のストレンジャー High Plains Drifter』(兼監督)(1973年)
『愛のそよ風 Breezy』(監督)(1973年)
ダーティハリー2 Magnum Force』(1973年)
サンダーボルト Thunderbolt And Lightfoot』(1974年)監督・脚本:マイケル・チミノ
アイガー・サンクション The Eiger Sanction』(兼監督)(1975年)
アウトロー The Outlaw Josey Wales』(兼監督)(1976年)
ダーティハリー3 The Enforcer』(1976年) 監督:ジェームズ・ファーゴ
ガントレット The Gauntlet』(兼監督)(1977年)
ダーティファイター Every Which Way But Loose』(1978年)監督:ジェームズ・ファーゴ
アルカトラズからの脱出 Escape From Alcatraz』(1979年)脚本:リチャード・タッグル
ダーティファイター 燃えよ鉄拳 Any Which Way You Can』(1980年)
ブロンコ・ビリー Bronco Billy』(兼監督)(1980年)
ファイヤーフォックス Firefox』(兼監督)(1982年)
センチメンタル・アドベンチャー Honkytonk Man』(兼監督)(1982年)
ダーティハリー4 Sudden Impact』(兼監督)(1983年)
タイトロープ Tightrope』(1984年)監督:リチャード・タッグル
シティヒート City Heat』(1984年)
ペイルライダー Pale Rider』(兼監督)(1985年)
ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場 Heartbreak Ridge』(兼監督)(1986年)
バード Bird』(チャーリー・パーカーの愛称)(監督)(1988年)
セロニアス・モンク ストレート・ノー・チェイサー』(製作総指揮)(1988年)
ダーティハリー5 The Dead Pool』(1988年)
ピンク・キャデラック Pink Cadillac』(1989年)   
ホワイトハンター ブラックハート White Hunter Black Heart』(兼監督)(1990年)
ルーキー The Rookie』(兼監督)(1990年)
許されざる者 Unforgiven』(兼監督)(1992年)
ザ・シークレット・サービス In the Line on Fire』(1993年)
パーフェクト・ワールド A Perfect World』(兼監督)(1993年)
マディソン郡の橋 The Bridges of Madison County』(兼監督)(1995年)
真夜中のサバナ Midnight In the Garden of Good And Evil』(監督)(1997年)
目撃 Absolute power』(兼監督)(1997年)
トゥルー・クライム True Crime』(兼監督)(1999年)
スペース・カウボーイ Space Cowboys』(兼監督)(2000年)
ブラッド・ワーク Blood Work』(兼監督)(2002年)
ミスティック・リバー Mystic River』(監督)(2003年)
ピアノ・ブルース Piano Blues』(監督)(2003年)製作総指揮:マーティン・スコセッシ 
ミリオンダラー・ベイビー Million Dollar Baby』(兼監督)(2004年)
父親たちの星条旗 Flags of Our Fathers』(監督)(2006年)
硫黄島からの手紙 Letters from Iwo Jima』(監督)(2006年)

今の気分でクリント・イーストウッド やっぱりヒーロー代表作『ダーティハリー Dirty Harry』
もともと悪をぶっつぶすなら手段を選ばぬプロフェッシャル『ダーティハリー Dirty Harry』は大好きでしたが、ここ最近のクリント・イーストウッドの監督作品を見た後 老いた役柄で過去とのしがらみや葛藤を演じるクリント・イーストウッドの作品を見た後、この代表作『ダーティハリー Dirty Harry』を見るのもなかなかいいんです、一見ぜんぜん違うタイプの映画に思えるのですが、なにか深い所で繋がってるそんな気がします、しかしこの犯人クレイジーだ、過去の比較的軽視されてきたクリント・イーストウッドの作品も俄然注目な昨今です。



サンフランシスコ警察殺人課の刑事、ハリー・キャラハンを主人公に描いたクリント・イーストウッド主演による刑事アクションの傑作。

ダーティハリー 特別版
ドン・シーゲル クリント・イーストウッド ハリー・ガーディノ

ダーティハリー 特別版

こちらもお薦め

ダーティハリー2 ダーティハリー3 ダーティハリー4 ダーティハリー5 ファイヤーフォックス 特別版
by G-Tools

「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」映画公開を記念して
クリント・イーストウッド監督作・出演作が一挙にリリースされています。

関連リンク
Clint Eastwood imdb| 人気blogランキングへ 他にもいろいろ映画関係のblogあります
人気blogランキングへ|にほんブログ村 映画ブログ
【Yahoo!ショッピング】新作のDVDやいま話題のDVDが21%OFFから!

映画 映画 映画 トップページへ
2006/11/17 19:48|男優TB:2CM:3

コメント

西部劇へのオマージュ。
初めまして、達也です。
クリント監督の作品は大好きなのですが、
この映画もお気に入りの一つになりました。
最近はかなりヘヴィなテーマの作品が多いのですが、
「スペース・カウボーイ」は、手放しで楽しめる
エンターティメントと言えます。
しかし、さすがクリント。
この映画も彼の愛した西部劇へのオマージュと
レクイエムがさり気なく隠されています。
この年70歳、日本風に言えば古希にあたる
ジイサンの作とは思えぬ、フロンティアスピリットに
溢れたたいい映画です。

P.S トラバさせてくださいね。
TATSUYA #U7CTLDyk|2006/11/19(日) 11:40 [ 編集 ]

コメントありがとうございます
「スペース・カウボーイ」私も好きな映画です、
特に最近のクリント・イーストウッドさんの映画を見て
また過去の作品を見直している最中です
また遊びにきて下さいね。v-208
goodmovies #-|2006/11/21(火) 21:41 [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
#|2006/11/29(水) 19:38 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

『-』
管理人の承認後に表示されます
|2006/11/18(土) 01:33
『-』
管理人の承認後に表示されます
|2006/12/05(火) 17:45

トラックバックURLはこちら
http://goodmovies.blog65.fc2.com/tb.php/200-44d833f0

ブログ内検索

注目!!お薦めサイト!

海外ドラマ映画もスカパー


不在の多い人にも便利
セブンドリーム・ドットコム
セブンイレブンで受け取ると
送料手数料無料です

リンク

RSSフィード

Copyright(C) 2006 映画 映画 映画 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。